韓国の仮想通貨業界、当局の方針転換を歓迎 – 朝日新聞社


朝日新聞社

韓国の仮想通貨業界、当局の方針転換を歓迎
朝日新聞社
ソウル 21日 ロイター] - 韓国の仮想通貨業界団体は、市場監督当局が仮想通貨取引に対するこれまでの厳しい姿勢を転換し、ブロックチェーン(分散型台帳)技術の発展を支援する方針を示したことを歓迎している。 金融監督院のチェ・フンシク院長は20日、自主規制の環境下で仮想通貨ビジネスが正常化することを期待 ...

and more »

IT資産管理の精度向上と工数削減を両立――千代田化工建設が選択したライセンス管理のマネージドサービス – ITmedia


ITmedia

IT資産管理の精度向上と工数削減を両立――千代田化工建設が選択したライセンス管理のマネージドサービス
ITmedia
システムはサイロ化されているが、ソフトウェアのライセンスは、会社で一括購入しているため、複数のシステムにまたがって利用している――そんな企業は少なくないだろう。 今、社内でどんなソフトウェアが、どのハードウェア上で稼働しているのか。仮想化やクラウドで企業のIT基盤が急速に複雑化する中、実態の把 ...

導入から運用まで全ておまかせのクラウドサービス「IPaC(アイパック)」提供開始 ~自由なリソース容量の選択、ご希望の物理機器もクラウド環境へ設置可能~ – CNET Japan


CNET Japan

導入から運用まで全ておまかせのクラウドサービス「IPaC(アイパック)」提供開始 ~自由なリソース容量の選択、ご希望の物理機器もクラウド環境へ設置可能~
CNET Japan
株式会社アイティフォー(東京都千代田区、代表取締役社長:東川 清)は、当社製品をご検討されるお客様を対象に、パッケージ導入からネットワーク構築、運用までをワンストップでご利用いただけるクラウドサービス(IAAS・注1)、「IPaC(アイパック)・注2」の提供を本日より開始します。従来、当社のパッケージソフトは一部 ...

and more »

「日本でもトップ3に食い込む」、IBMがクラウド事業の展開を強化 (1/2) – @IT MONOist


@IT MONOist

「日本でもトップ3に食い込む」、IBMがクラウド事業の展開を強化 (1/2)
@IT MONOist
SoRのリフトの分かりやすい事例とするのが、IBMの「オンデマンドでエラスティック」(三澤氏)なベアメタルを用いた、仮想化プラットフォーム「VMware」環境のクラウドへの移行だ。「VMware on IBM Cloud」としてサービスを提供しており、富士フイルムなどの大手製造業の採用事例もある。また、VMware関連では、オンプレミス環 ...
VMware on IBM Cloudの衝撃--IBMがクラウドとWatsonの事業方針を説明ZDNet Japan

all 11 news articles »

仮想通貨取引所の新団体、16社で設立へ – 東洋経済オンライン


東洋経済オンライン

仮想通貨取引所の新団体、16社で設立へ
東洋経済オンライン
仮想通貨取引所の登録制導入にあたり、金融庁は当局と自主規制団体が両輪となって業者を規制・監督する枠組みを取り入れたが、業界団体は2つに分かれたまま主導権争いで統合協議が進展せず、業界による自主規制は事実上、機能してこなかった。 コインチェックから巨額の仮想通貨が流出したことを受け、両 ...

and more »

仮想通貨取引所の新団体、登録済みの16社で設立へ=関係筋 – ロイター


仮想通貨取引所の新団体、登録済みの16社で設立へ=関係筋
ロイター
仮想通貨取引所の登録制導入にあたり、金融庁は当局と自主規制団体が両輪となって業者を規制・監督する枠組みを取り入れたが、業界団体は2つに分かれたまま主導権争いで統合協議が進展せず、業界による自主規制は事実上、機能してこなかった。 コインチェックから巨額の仮想通貨が流出したことを受け、両 ...

and more »

ICO、クラウドマイニング、有望市場の可能性!ただし、市場の健全化が課題! 暗合通貨新時代のICO、マイニング、ブロックチェーンの未来戦略調査、完成! AQU先端 … – BIGLOBEニュース


ICO、クラウドマイニング、有望市場の可能性!ただし、市場の健全化が課題! 暗合通貨新時代のICO、マイニング、ブロックチェーンの未来戦略調査、完成! AQU先端 ...
BIGLOBEニュース
とくに、調査ABCシナリオに基づく市場予測を行いましたが、楽観Aシナリオでは、2028年にも、金ゴールドの資産水準に、仮想通貨総資産が達することが分かりました。またニュートラルな視点で今後の市場のテーマについて調査したところ、ICO(資金調達)、クラウドマイニング(採掘)市場がビジネスとして有望、かつ魅 ...

and more »

仮想通貨は「炭鉱のカナリア」か(十字路) – 日本経済新聞


日本経済新聞

仮想通貨は「炭鉱のカナリア」か(十字路)
日本経済新聞
リーマン・ショック後の10年間、金融業界では新商品がほとんど生まれなかった。「金融工学」は死語になり、たとえ複雑な新商品が出ても投資家は回避した。そんな中、久々に登場した「金融商品」が仮想通貨だった。 かつて一世を風靡した証券化商品は確率統計理論を駆使し、サブプライムCDO、オルトAなどの新 ...

and more »

シーメンス、IC業界への継続的な投資の一環としてSarokal Test Systemsを買収 – CNET Japan


シーメンス、IC業界への継続的な投資の一環としてSarokal Test Systemsを買収
CNET Japan
電化、自動化、デジタル化の分野を中心に世界中で事業を展開しています。シーメンスはエネルギー効率に優れた省資源技術を世界でもっとも多く提供している企業のひとつであり、海洋風力発電の建造では世界一、コンバインドサイクル発電では主要サプライヤー、送電ソリューションでは大手プロバイダー、そしてインフラス ...

and more »

【市況】えりしー:仮想通貨リップルの技術が中東や中国に進出!【FISCOソーシャルレポーター】 – 株探ニュース


【市況】えりしー:仮想通貨リップルの技術が中東や中国に進出!【FISCOソーシャルレポーター】
株探ニュース
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家えりしー氏(ブログ「仮想通貨女子部!」を運営、Twitter:@erishiiiii)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。 ---- ※2017年2月15日23時に執筆 こ ...

and more »

スイス金融当局、ICOガイドラインを発表【フィスコ・ビットコインニュース】 – まぐまぐニュース!


まぐまぐニュース!

スイス金融当局、ICOガイドラインを発表【フィスコ・ビットコインニュース】
まぐまぐニュース!
スイスの金融管理当局(FINMA)は16日、ICO(仮想通貨技術を利用した資金調達)に関するガイドラインを発表した。同国でプロジェクトが増加したことに伴い、ICOを「決済ICO」、「ユーティリティーICO」、「資産ICO」の三つに分類し、それぞれが準拠すべき法律を明らかにした。一部のICOは有価証券と見なされ、情報開示など ...

and more »

ネットワークの仮想化を促進するマルチコアプロセッサに関する市場調査 … – 宮崎日日新聞


ネットワークの仮想化を促進するマルチコアプロセッサに関する市場調査 ...
宮崎日日新聞
米国調査会社ヘビーリーディング社(Heavy Reading)の調査レポート「ネットワークの仮想化を促進するマルチコアプロセッサ:市場分析」は、仮想ネットワークなどのネットワークアプリケーションの高度マルチコアプロセッサについて調査している。マルチコアプロセッサ、知的財産権(IP)、ソフトウェアベンダの戦略、製品 ...

and more »

インタビュー:ブロックチェーン技術、企業に大変革=柳川教授 – ロイター


ロイター

インタビュー:ブロックチェーン技術、企業に大変革=柳川教授
ロイター
セキュリティーや規制を強化すれば解決する話しか。 「やり過ぎると低コストというブロックチェーンのメリットが薄れるので、コストとベネフィットのバランスを考えなければいけない。リスクも純粋に技術的なものから、ヒューマンエラー的なものまでさまざまある。どのリスクにいくらかけるかは、まさに価値判断だ」. ──仮想通貨は ...

and more »

ネットワークの仮想化を促進するマルチコアプロセッサに関する市場調査レポートが発刊 – BIGLOBEニュース


BIGLOBEニュース

ネットワークの仮想化を促進するマルチコアプロセッサに関する市場調査レポートが発刊
BIGLOBEニュース
米国調査会社ヘビーリーディング社(Heavy Reading)の調査レポート「ネットワークの仮想化を促進するマルチコアプロセッサ:市場分析」は、仮想ネットワークなどのネットワークアプリケーションの高度マルチコアプロセッサについて調査している。マルチコアプロセッサ、知的財産権(IP)、ソフトウェアベンダの戦略、製品 ...

and more »

第2世代へ 新世代型HCI – ITpro


ITpro

第2世代へ 新世代型HCI
ITpro
データセンターや企業のクラウド環境を支える基盤として注目が高まる「HCI(ハイパー・コンバージド・インフラストラクチャ)」。数年前に初めて市場に登場したHCIは、いわば第1世代。従来の仮想化インフラに比べて導入・運用の手間やコストを削減するなど多くのメリットをもたらしたが、同時に様々な課題も指摘されている。その ...
HDDだけでもフラッシュ並に速く、TCOを3分の2に削減した実績があるストレージソフトウェアがHCIの問題点を解消できる3つの理由@IT

all 3 news articles »