Web/メールセキュリティを同時に実現するクラウドサービス、デジタルアーツ – Business & Public Affairs (プレスリリース) (ブログ)


Business & Public Affairs (プレスリリース) (ブログ)

Web/メールセキュリティを同時に実現するクラウドサービス、デジタルアーツ
Business & Public Affairs (プレスリリース) (ブログ)
デジタルアーツは、外部からの標的型攻撃対策と内部からの情報漏洩対策を同時に実現できるWebセキュリティ「i-FILTER」とメールセキュリティ「m-FILTER」のクラウドサービスとして、「DigitalArts@Cloud」を2018年5月9日に提供開始する。 今回提供するDigitalArts@Cloudは、最新のWebセキュリティサービスであるi ...

サイバー攻撃者をあぶり出せ、11業界227組織による情報共有の威力 … – 日経テクノロジーオンライン


日経テクノロジーオンライン

サイバー攻撃者をあぶり出せ、11業界227組織による情報共有の威力 ...
日経テクノロジーオンライン
相次ぐサイバー攻撃。セキュリティ製品は有用だが、すべての攻撃を防ぐのは不可能だ。有効な対策として注目されているのが、企業間での情報共有である。例えば、社会インフラ事業者などで組織される「サイバー情報共有イニシアティブ」(J-CSIP)が効果を上げている。

and more »

CMMIサイバー成熟度プラットフォームはサイバーセキュリティーのプログラムと投資に対するボードおよび最高幹部の自信を構築 – 時事通信


CMMIサイバー成熟度プラットフォームはサイバーセキュリティーのプログラムと投資に対するボードおよび最高幹部の自信を構築
時事通信
CMMIインスティテュートのカーク・ボトゥーラ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちはリスクベース機能への着目が回復力の構築の基礎を成すと考えます。セキュリティープログラムは、ビジネスのタイプに適合させ、目下のリスクに合わせる必要があります。それはセキュリティー目標を支えるプロセスと ...

and more »

アライドテレシス、ラストラインの標的型攻撃対策ソリューションとSES(Secure Enterprise SDN)を連携 – オピ・リーナ


オピ・リーナ

アライドテレシス、ラストラインの標的型攻撃対策ソリューションとSES(Secure Enterprise SDN)を連携
オピ・リーナ
ラストラインの標的型攻撃対策ソリューションは、フルシステムエミュレーション技術による高度なマルウェア検出技術とネットワークフロー解析技術を融合させて、高度な回避型マルウェアによるセキュリティ違反から、官公庁や企業などの組織を守ります。フルシステムエミュレーション技術では、ファイルレスマルウェアやセキュリテ ...

「あまりにも性急でずさん」海賊版サイト緊急対策の問題点 – www.fnn.jp


www.fnn.jp

「あまりにも性急でずさん」海賊版サイト緊急対策の問題点
www.fnn.jp
マルウェア配布サイトへの接続を遮断する場合にも、この利用者による同意という方法が用いられています。 ただし、この場合は約款による、包括的な同意ですので、プロバイダーがきちんとした説明をすること、利用者の予測を超える事態が起きた場合に備えて事後的に同意を撤回できること(オプトアウト)、が条件になって ...

PC最適化ツール「CCleaner」を踏み台にした標的型攻撃のマルウェア混入ルートが判明 – GIGAZINE


GIGAZINE

PC最適化ツール「CCleaner」を踏み台にした標的型攻撃のマルウェア混入ルートが判明
GIGAZINE
2017年8月から9月にかけて、PC最適化ツール「CCleaner」にマルウェアが混入された状態で配布され、IntelやMicrosoft、ソニー、富士通など世界の大企業に標的型攻撃が実行されるという出来事が発生しました。この件について、CClearnerの開発元を買収していたセキュリティ関連企業Avastが調査結果を ...

IBMとFortinetが脅威管理システムで連携拡大 – ZDNet Japan


ZDNet Japan

IBMとFortinetが脅威管理システムで連携拡大
ZDNet Japan
XFTMは、顧客とIBMのセキュリティ担当者、現場で働く従業員、セキュリティアラートエンジン「X-Force Protection Platform」、IBMの「Watson」を結びつける。 この新しいソリューションの全体的な狙いは、断片的なアプローチをなくし、セキュリティアラートと脅威検知、コンプライアンスを1つのプラットフォームで管理して、製品の ...

大阪市、1万7000台のエンドポイントを常時監視–攻撃の兆候を … – ZDNet Japan


ZDNet Japan

大阪市、1万7000台のエンドポイントを常時監視--攻撃の兆候を ...
ZDNet Japan
大阪市は、クラウド型エンドポイント侵害検知・対処(EDR)製品「Cybereason EDR」を導入した。クラウド上の人工知能(AI)エンジンで情報を分析し、不審者がネットワーク環境内で悪意ある活動をしていないかを常時監視する。
サイバーリーズン・ジャパン、大阪市の約1万7,000台のエンドポイントに ...ITpro

all 3 news articles »

Drupal 脆弱性を突いた攻撃が急増 脆弱性を悪用する概念実証(PoC)コード公開翌日に約3万件もの攻撃ログを観測 – PR TIMES (プレスリリース)


PR TIMES (プレスリリース)

Drupal 脆弱性を突いた攻撃が急増 脆弱性を悪用する概念実証(PoC)コード公開翌日に約3万件もの攻撃ログを観測
PR TIMES (プレスリリース)
株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大野 暉、以下「サイバーセキュリティクラウド」)は、各業界の企業に対してサイバーセキュリティに関する注意喚起をリアルタイムに実施するため、自社独自に集約したサイバー攻撃に関するデータを分析した「サイバー攻撃速報」を発表いたします ...

and more »

クロス・ヘッド、エフセキュアと連携して企業のGDPR対策のための包括的なセキュリティサービスを提供 – クラウド Watch


iza(イザ!)

クロス・ヘッド、エフセキュアと連携して企業のGDPR対策のための包括的なセキュリティサービスを提供
クラウド Watch
クロス・ヘッド株式会社は19日、エフセキュア株式会社とともに、5月から施行されるGDPR(EU一般データ保護規則)に向けた、日本企業の対策のため包括的なセキュリティサービスを5月31日に開始すると発表した。 GDPRは、EUにおける新しい個人情報保護の枠組みとして、個人データの処理と移転に関するルールを定め ...
クロス・ヘッドはエフセキュアと連携してGDPR対策のための包括的なセキュリティサービスを5月31日より提供開始産経ニュース

all 3 news articles »

日EU・ICT戦略ワークショップ(第7回)の結果 – 総務省 (プレスリリース)


日EU・ICT戦略ワークショップ(第7回)の結果
総務省 (プレスリリース)
また、EU側からはフェイクニュース対策等に焦点を当てた提言を検討している旨発言がありました。 ウ サイバーセキュリティ 日本側から、総務省及び経済産業省でのサイバーセキュリティに関する取組みを説明しました。EU側からは、特にIoT機器のセキュリティ対策について関心が示されました。 エ 個別分野協力 個 ...

IBM、AIシステムを保護するオープンソースライブラリ「Adversarial Robustness Toolbox」 – ZDNet Japan


ZDNet Japan

IBM、AIシステムを保護するオープンソースライブラリ「Adversarial Robustness Toolbox」
ZDNet Japan
Adversarial Robustness Toolboxは、脅威に関するデータを記録するとともに、現実世界におけるAIに向けた実用的な防衛システムを開発、性能評価、導入について開発者を支援することで、いわゆる「敵対的AI」と戦うことを狙いとしている。 Adversarial Robustness Toolboxには、この新しい分野におけるサイバー ...

AI分析で攻撃の兆候をリアルタイム検知――大阪市、1万7000台のエンドポイントを常時監視する「Cybereason EDR」を導入 – ITmedia


ITmedia

AI分析で攻撃の兆候をリアルタイム検知――大阪市、1万7000台のエンドポイントを常時監視する「Cybereason EDR」を導入
ITmedia
サイバーリーズン・ジャパンは2018年4月18日、大阪市が市庁内のPCやサーバなど、約1万7000台のエンドポイントを守るセキュリティ強化策として、同社の「Cybereason EDR」を導入したと発表した。 Cybereason EDRは、ネットワーク内のエンドポイントを常時監視し、マルウェア感染やサイバー攻撃の兆候を検知するクラウドベー ...

and more »

【レビュー】「Edge」のフィッシング・マルウェア対策を「Google Chrome」に … – 窓の杜


窓の杜

【レビュー】「Edge」のフィッシング・マルウェア対策を「Google Chrome」に ...
窓の杜
Googleの“セーフ ブラウジング”に加え、“SmartScreen”の保護を得ることができる. 樽井 秀人. 2018年4月19日 12:34. リスト. 「Windows Defender Browser Protection」v1.62. 「Windows Defender Browser Protection」は、「Microsoft Edge」で採用されているフィッシング・マルウェア対策機能を「Google ...
Microsoftのマルウェア対策ソリューション「Windows Defender」の ...Spotry.me
「Windows 10」のMicrosoft純正セキュリティ機能4選:Windows ...TechTargetジャパン
「Windows Defender Advanced Threat Protection(ATP)」が次期Windows 10で大幅に機能強化@IT
ZDNet Japan
all 7 news articles »

保険会社と車載セキュリティ企業、コネクテッドカー対応で業務提携 – TechFactory


TechFactory

保険会社と車載セキュリティ企業、コネクテッドカー対応で業務提携
TechFactory
また、サイバー攻撃による事故に起因して発生する損害に対応した「サイバーリスク保険」も提供している。ネットワークからの情報漏えいなどに対する損害賠償責任や、不正アクセスによって発生した事故対応費用、ネットワークを構成する機器が停止することによる損害を補償する。 業務提携では、自動運転車やコネクテッド ...

and more »