近畿総合通信局と近畿経済産業局は連携活動を強化します ~IoT/ICTの利活用分野における相互協力合意書を締結~ – 経済産業省 (プレスリリース)


近畿総合通信局と近畿経済産業局は連携活動を強化します ~IoT/ICTの利活用分野における相互協力合意書を締結~
経済産業省 (プレスリリース)
... などを行ってきました。しかし、近畿地域における第四次産業革命を、国としてより強力に推進していくためには、両局間のより緊密な連携が必要となります。このため、平成29年10月26日に両局課長級による「連携促進チーム」を設置し、以来、連携内容について具体的な検討を重ねてまいりました。その結果を踏ま ...

サイバーセキュリティ運用、受託サービスで高度に – Business & Public Affairs (プレスリリース) (ブログ)


サイバーセキュリティ運用、受託サービスで高度に
Business & Public Affairs (プレスリリース) (ブログ)
そのうえに、セキュリティ・プロフェッショナルが'20年に19万人不足すると予測されていて、セキュリティ対策の自己運用に課題と限界を感じる組織が増えているという。 凸版印刷と、TISは、企業・団体が事業活動で取り扱う機密情報を守るサイバーセキュリティ対策の運用受託サービスで協業。両社がそれぞれ長年培って ...

東京五輪のサイバーセキュリティは「情報の共有」が鍵 – NISC – ニコニコニュース


ニコニコニュース

東京五輪のサイバーセキュリティは「情報の共有」が鍵 - NISC
ニコニコニュース
セキュリティソフトウェア「ESET」シリーズを取り扱うキヤノンITソリューションズは20日、情報セキュリティカンファレンス「ESET Security Days Tokyo 2018」を開催しました。 この特別講演では、内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)で参事官を務める吉田恭子氏が登壇。2020年の東京五輪を控え、日本におけるサイ ...

東京五輪のサイバーセキュリティは「情報の共有」が鍵 – NISC – マイナビニュース


マイナビニュース

東京五輪のサイバーセキュリティは「情報の共有」が鍵 - NISC
マイナビニュース
NISCでは現在、2014年9月に閣議決定し、2015年1月に全面施行されたサイバーセキュリティ基本法に基づく「サイバーセキュリティ戦略」の改定を進めているといいます。現行の戦略は策定後3年までが期限。2018年9月にその期限がやってきます。 NISCはサイバー攻撃の現状について、日本航空が被害を受け ...

and more »

東京五輪のサイバーセキュリティは「情報の共有」が鍵 – NISC | マイナビ … – マイナビニュース


マイナビニュース

東京五輪のサイバーセキュリティは「情報の共有」が鍵 - NISC | マイナビ ...
マイナビニュース
キヤノンITソリューションズは20日、情報セキュリティカンファレンス「ESET Security Days」を開催。この特別講演では、NISCの吉田恭子参事官が登壇。2020年の東京五輪を控えた国内のサイバーセキュリティ政策を語りました。
東京五輪のサイバーセキュリティは「情報の共有」が鍵 - NISCニフティニュース

all 1 news articles »

【2018年3月2日・3日開催】 業界共通トレーニング CISO向けセミナー – 情報処理振興事業協会 (プレスリリース)


【2018年3月2日・3日開催】 業界共通トレーニング CISO向けセミナー
情報処理振興事業協会 (プレスリリース)
本プログラムは、制御システム(OT:Operational Technology)を有する企業を守る為のベストプラクティス、自社組織に適用可能なサイバーセキュリティ投資の根拠となるリスク分析、インシデント管理の実行フレームワーク等について、講義とウォーゲーム・セッション(机上演習)を通じて理解を深めていただけるよう、米国 ...

Cybertech TelAviv 2018 レポート(2) 脅威との付き合い方を日常で学ぶイスラエルの教育 – WirelessWire News


WirelessWire News

Cybertech TelAviv 2018 レポート(2) 脅威との付き合い方を日常で学ぶイスラエルの教育
WirelessWire News
そして、これこそがサイバーセキュリティの分野で我々が最も追求しなければならないポイントである、と指摘した。 この「バランス」を実現するためには三つの要素がある、"Talent" "Living with it" "Serendipity"だそうだ。 最も重要なのは、高度なセキュリティを生み出す優れた才能であり、イスラエルにはこのような ...

【ナビガントリサーチ 調査報告】IoT(モノのインターネット)のサイバーセキュリティ脅威の管理 – BIGLOBEニュース


【ナビガントリサーチ 調査報告】IoT(モノのインターネット)のサイバーセキュリティ脅威の管理
BIGLOBEニュース
米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート「IoT(モノのインターネット)のサイバーセキュリティ脅威の管理」は、公益事業者だけでなく企業が採用している/これから採用するIoT技術のサイバーセキュリティの脅威に関する課題を評価している。この市場に関する法規制の枠組みの一部を査定し ...

and more »

未来の国防はAIが要(かなめ) – AI新聞=AI Weekly=


AI新聞=AI Weekly=

未来の国防はAIが要(かなめ)
AI新聞=AI Weekly=
社会がデータに依存するにつれ、サイバーセキュリティが国防の中核になり始めた。特にコンピューターウイルスなどのマルウエアは新種が次々と登場しており、これまでの手法では対応し切れなくってきていることから、AIに対する期待が高まってきているようだ。 政府機関は自分たちの技術力では対応し切れなくなってき ...

アクセリア、サイバーセキュリティリスクに備える保険提供を開始 – CNET Japan


アクセリア、サイバーセキュリティリスクに備える保険提供を開始
CNET Japan
アクセリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 牧野 顕道、以下「アクセリア」)は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区西新宿1-26-1、代表取締役 西澤 敬二、以下「損保ジャパン日本興亜」)、東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区丸の内1-2-1、代表取締 ...

鉄道の独自ネットワークをサイバー攻撃から守る「Cylus」 – WirelessWire News


鉄道の独自ネットワークをサイバー攻撃から守る「Cylus」
WirelessWire News
しかし、独自の発展を遂げたがゆえに、鉄道などの通信ネットワークで使われる設備や通信プロトコルは、サイバーセキュリティ対策を念頭に設計されたとは必ずしもいえない。 2018年1月に、470万ドルの資金調達に成功したイスラエルのスタートアップ「Cylus」(2017年設立)は、鉄道のサイバーセキュリティに特化して ...

中小製造業にとってのセキュリティリスクは何か–シマンテックが解説 – ZDNet Japan


ZDNet Japan

中小製造業にとってのセキュリティリスクは何か--シマンテックが解説
ZDNet Japan
シマンテックは、中小の製造業にとってサイバーセキュリティが身近な課題になったとし、そのリスクや対策の考え方などを解説する記者説明会を開催した。こうした企業への意識啓発が目的だが、製造業以外にも参考になる視点が紹介された。 製造業にとってITは長年、経理や人事などの管理部署が利用する情報系 ...

米中サイバー規制が企業に強いる〝変革〟とは 急速なクラウドシフトが … – WEDGE Infinity


WEDGE Infinity

米中サイバー規制が企業に強いる〝変革〟とは 急速なクラウドシフトが ...
WEDGE Infinity
2017年、一部の大手企業が基幹システムに米国系クラウドを導入した。背景には米中が進めるサイバーセキュリティの標準争いがあるとみられる。日本企業はこの動きを察知しなければ米中両市場において大きな痛手をこうむることになる。

and more »

サイバーセキュリティセミナーを開催 – 茨城新聞


サイバーセキュリティセミナーを開催
茨城新聞
茨城新聞社はNTT東日本茨城支店と共催で「サイバーセキュリティセミナー」を開催します。皆さまのご参加をお待ちしています。入場は無料ですが事前申し込みが必要です。 ◇日時 3月7日(水)午後2時受け付け開始、同2時半から同4時50分(交流会は同5時から) ◇会場 水戸プラザホテル(水戸市千波町 ...

ブロックチェーン技術を使い、世界中のセキュリティエキスパートを集結。 世界に広がり続けるコンピューターウィルスを駆除する。 – ValuePress! (プレスリリース)


ValuePress! (プレスリリース)

ブロックチェーン技術を使い、世界中のセキュリティエキスパートを集結。 世界に広がり続けるコンピューターウィルスを駆除する。
ValuePress! (プレスリリース)
... 作業に置き換えることのできる「マイクロエンジン」を開発。そしてそのマルウェアの発見・対策に成果に報酬を与える、分散型マーケットプレイスとしてポリスワームが作られた。Steve Bassiは米軍の先端研究部門であるDARPAと米国国土安全保障省の為の、ブロックチェーン技術をベースにしたアイデンティティ管理とセ ...