サイノラが高効率の青色OLED材料で新記録を発表

独ブルフザル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- OLED向けTADF(熱活性化遅延蛍光)材料のリーダー企業であるサイノラは、当社最新の青色発光材料で性能の新記録を達成しました。最新の性能により、当社は2017年末までに初の製品を商業化できるまでに近づいています。


過去数年間、高効率の青色発光材料を求めるOLEDディスプレーパネルメーカーの切迫した要求にもかかわらず、どの材料供給業者もそうした材料の生産がまだできないでいます。高効率の青色発光材料は消費電力を低減し、ディスプレー解像度をさらに向上させる上で必要です。サイノラはSID 2017において、パネルメーカーの要求に極めて近い性能の青色発光材料を発表します。当社はTADF技術を活用することで、デバイスレベルで15%のEQE(1000 cd/m²)を達成し、発光ピーク波長は470 nm未満、LT97は90時間超(700 cd/m²)でした。

サイノラのトーマス・バウマン最高科学責任者(CSO)は、次のように述べています。「特許で保護された当社最新の材料は、青色発光でお客さまが求める仕様の範囲の性能を示します。これは私たちがこれまで見てきた高効率青色発光材料の全体的性能としては最高です。当社の製品開発の仕上げとして、私たちは発光ピークをわずかにずらして460 nmに変化させることに傾注していきます。」

サイノラのアンドリアス・ハルディ最高マーケティング責任者(CMO)は、次のように述べています。「過去数カ月での当社の前進により、私たちは計画通り、今年末までに当社初の高効率青色発光材料を商業化できるとの強い自信を持ちました。しかし当社の目標は、あらゆるディスプレー色の発光材料を提供することで、OLED材料の一流供給業者になることなのです。従って、私たちは2018年までに緑色発光材料を、2019年までに赤色発光材料を実現して、青色発光材料の後に続ける計画です。」

サイノラについて

2008年に設立されたサイノラは、TADF技術のリーダー企業です。当社は現在、OLEDデバイスの消費電力量を劇的に削減できるようにする高効率青色 OLEDエミッタシステムに焦点を絞っています。従業員90人以上の多専門的チームを擁するサイノラは、顧客ニーズを満たすことに高度な集中力を発揮しています。サイノラは韓国と中国に拠点を確立しており、材料およびデバイス開発で顧客と密接に協力しています。当社は100件以上の特許ファミリーから成る広範なIPポートフォリオを所有しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

CYNORA
Joanna Wrzeszcz
phone: +49-7251-919-670
wrzeszcz@cynora.com