横河電機 エジプト全域にガスを供給するガスパイプライン設備向け管理・制御システムを受注

~ミッドストリーム市場における制御事業の拡大に弾み~

東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志)の子会社であるヨコガワ・ミドルイースト・アンド・アフリカ(本社:バーレーン 社長:松林 秀樹)は、エジプト国営のEgyptian Natural Gas Company(エジプシャン・ナチュラル・ガス・カンパニー 以下GASCO) から、同社が所有運営するガスパイプライン設備向け管理・制御システムの更新プロジェクトを受注しましたのでお知らせします。



GASCOは天然ガス処理と送配を担う国営企業で、所有運営するガスパイプライン敷設距離は同国最大の規模です。今回のプロジェクトは、GASCOがエジプト全域にガスを供給する総敷設距離約7,000kmの幹線パイプライン設備の管理システムと制御システムを更新し、中央計器室で統合して管理・制御することを可能にするものです。

YOKOGAWAが納入する主な製品は、ガス送配スケジュール管理や貯蔵ターミナルの貯蔵量管理などを行うパイプライン管理ソリューションパッケージ「Enterprise Pipeline Management Solution(エンタープライズ・パイプライン・マネジメント・ソリューション 以下EPMS)」と、ガスパイプラインやポンプなどの装置を監視制御するSCADAソフトウエア「FAST/TOOLS(ファースト/ツールズ)」です。EPMSは、石油・ガスパイプラインの操業に必要な管理機能をもつパッケージソリューションで、監視制御を行うSCADAシステムの情報も統合して管理できます。今回、「EPMS」がもつガスを最適に送配するスケジュール機能などの操業管理機能や、「FAST/TOOLS」がもつ4重化構成も可能な高信頼の監視制御性能、最新の各種業界標準規格に準拠していることが評価され、受注することができました。ヨコガワ・ミドルイースト・アンド・アフリカは、2019年9月までにこれらのシステムを納入します。

執行役員 中東・アフリカ・インド代表 兼ヨコガワ・ミドルイースト・アンド・アフリカ社長の松林 秀樹は、「YOKOGAWAの専門技術と信頼性がお客様に認められ、エジプトの重要なインフラ設備の更新プロジェクトを受注することができました。これまでYOKOGAWAが天然ガス分野において培ってきた豊富な経験を生かして本プロジェクトの成功に寄与し、同国の産業発展に貢献します」とコメントしています。

YOKOGAWAは、中期経営計画「Transformation 2017」で、制御事業の基本戦略としてエネルギーサプライチェーン全体における制御事業の拡大を掲げています。今後も、ミッドストリーム市場に相当する石油・ガスパイプラインの操業を最適化するソリューションを積極的に提案し、制御事業の拡大に努めます。

※ SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)システム:
  監視、制御を行うシステムの一種

関連情報
業種別ソリューション~パイプライン~(英語)
https://www.yokogawa.com/industries/oil-gas/pipeline/

パイプライン管理ソリューションパッケージ
「Enterprise Pipeline Management Solution (EPMS)」(英語)
https://www.yokogawa.com/solutions/products-platforms/control-system/supervisory-control-and-data-acquisition-scada/enterprise-pipeline-management-suite-epms/


Contacts

●本プレスリリースに関するお問い合わせ先:
横河電機株式会社
コミュニケーション統括センター広報室
Yokogawa-pr@cs.jp.yokogawa.com